親が読むべきおすすめの本 その②

前回紹介した、メンタリストDAIGOさんおすすめの本

ポール・タフさんの『私たちは子どもになにができるのか』

この本では非認知能力の重要性を学びました。少しずつですが気を付けて子育てしてます!

前回の記事はこちら↓

今回おすすめの読むべき本は

伊藤美佳さんの『モンテッソーリ教育 ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』

読んだきっかけは、もともとモンテッソーリ教育に興味があり調べていたところ、

YouTubeで中田敦彦さんが紹介もしていたので本を買って読みました。

結論は買って読み、実践すべきです!

なぜこの本をおすすめするのか①

手軽に実践できることがたくさん盛り込まれてる

その数40メソッド。

そのメソッドは「運動」「知能」「感性」「社会性」の4つの観点から各10メソッド。

しかも特別な道具で、身の回りにあるものや100円均一で十分といった内容。

本の費用のたった1,400円で手軽にできるのでローコストですよ!

結果はもちろんわが家も子どもたちが成長していく中でわかることですが、手軽にできる方法はやらない選択肢はないのでは?

なぜこの本をおすすめするのか②

文章校正がわかりやすく、そもそも本が読みやすい

私は土曜日に本が届き、隙間時間と病院の待ち時間の3日で読めましたよ。

子どものことなので興味もあり、集中して読めた部分はあると思いますが、

とっても読みやすく、即実践できます♪

なぜこの本をおすすめするのか③

親の私のイライラが解消される

子育ての中でついつい感じてしまう、なんで言う事聞いてくれないの~~~!

でもその行動、子どもにとっては成長したいと自然にしてる行動。

子どものために、と思ってイライラしてるのはよく考えると親都合が多いのでは。

そんなはっとさせられる事から、ふっと考え方を変えるとイライラが解消されますよ。

さいごに

私の転勤先では近くにモンテッソーリ教育を採用している幼稚園がなく、

日々できることを実践しようという想いで見つけた本でした。

たまたまYouTubeでも紹介があったので、これはおすすめできる!と今回紹介してみました♪

子どもの成長していくための環境を作ってあげるのが親だと思います。

と、言っても私もまだまだ子育てはこれからなので、日々学びながら、子育てを楽しみながらしていきたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
男兄弟ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました