【知育】今や逃れられない子供のYouTube

お役立ちアイテム

映像の影響力はすごい。

2歳の長男は今や私の携帯を勝手にいじってYouTubeが見れてしまいます。。。

本当はなるべく見せたくないのですが、どうしても転勤で来た石川県から実家に帰省する際に飛行機を利用していたので、その移動中の集中アイテムとして使い始めた1歳過ぎから、おもしろいもの・興味あるものは覚えてるようで、ふとした時に『ママの携帯でアンパンマン見る~~~』と言います。(そのアンパンマンは、アンパンマンのおもちゃで遊んでる動画です。あまり見せたくないのが正直な気持ち。。。役に立たないので。)

そこで、今YouTubeといえばこれ!という動画にうまくシフトしたのですが、それが

BabyBusの動画です。パンダのキャラクターのキキ・ミュウミュウとその仲間たちがさまざまな年代に向けた内容で展開してます。かわいい映像と音楽で歯磨きをしたり、ごみはちゃんと捨てましょう!であったりと、今や長男はその映像を思い出しながら歯磨きをすれば、『パンダさんと一緒~』と喜んでしてくれてます!(私の時代はおかあさんといっしょ一択だったのに、)

この映像のおかげでふとした時に、学びになってることがあります。我が子は公園も好きで毎日のように近くの公園に行くのですが、ごみが落ちてると『あ、ごみ、捨てなきゃ!』といって拾いに行きます。(親としては汚いので触ってほしくないのですが、いいことなので何とも。。)なかなか普段は教えられないなと思うと映像の力・音楽の力はすごいですね。

英語の映像も展開されてるので、その映像を見ながら家族でABC~♪の歌も歌って、学びを楽しく・自然にできるようになってます。

もちろん、この映像だけでは英語はできるようにはならないと思いますが。。。

BabyBusの会社を少し調べてみると、強みは【BabyBusは、160本以上の知育アプリ(iOS/Android対応)と1700本以上の動画を提供しています。 日本語をはじめ、英語、中国語、ロシア語、アラビア語、フランス語、韓国語、ドイツ語など複数の言語でコンテンツを配信しています。世界中の子どもたちが平等に質の高い知育教育を受けることができます。】とのことです。すごいですね。

逆にコンテンツが豊富なこととYouTubeの特性上、おしまいのタイミングが難しいのが難点かな。その点も我慢をすることの大切さの映像もあるので、活用して何とか切り上げてます!

そして、アプリゲームもたくさん!我が子はいまBabyBusアプリの消防車にはまってます。

ご家庭のルールの中で楽しんで学ぶツールとして使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました