おすすめの絵本5選 ~2歳児編~

我が家では寝る前に絵本を読むことが習慣になってます。


本をたくさん読む子になってほしくて、0歳の頃からいろいろな絵本を読み聞かせていたおかげか、2歳の息子はとても絵本が好きで、よく「読んで〜」と言って選んで持ってきます。

絵本の読み聞かせは、様々なメリットがあると言われています。

ひとつは、親子の親密感が高まり、信頼関係が強くなることです。また、子どもは読み聞かせによって親の愛情を感じ、子ども自身の自己肯定感も養われるといわれています。

(この自己肯定感、あるドラマで話題になりましたよね!私自身も自己肯定感がそんなに高くないので、子供には自己肯定感をしっかり持った子に育てたいな、と思っています)

あとは感情を豊かにすることもいわれています。感情が豊かなことって大人になっても大事ですよね。しかも大人になってから、努力してもそうなれるのは難しいと思うので、子どもの頃から自然と身についたらいいなぁと想いもあります。

ほかにも想像力が豊かになる、集中力が身につく、語彙力がつく…などなど、本当良いことづくめ!

さてさて、本題の2歳児におすすめの絵本を紹介させていただきます。

①ノラネコぐんだん パンこうじょう

これはパン好きの息子にプレゼントでもらったものですが、めちゃくちゃお気に入りで、一番何度も読んでいる絵本です。

ノラネコぐんだんがパンを食べたくて、パンづくりに挑戦するお話なんですが、私も絵もお話も大好きですし、ノラネコぐんだんシリーズは、親子で読んで一緒に楽しめます。

読み終わったあとは、この本でパン屋さんごっこをするのも恒例になっていて、絵にあるたくさんのパンを、「どれにする?」といいながら、買ったり食べたりして遊んでいます。

②きんぎょがにげた

これは1歳の終わり頃から読んでいますが、にげたきんぎょを探すのが楽しい一冊。

文字も少ないので、絵を楽しみながらいろいろ想像しているのかな?これは?これはなに?といろいろ気になって興味津々でした。

最近では、これかな??とわざと違うものを指してきて、ぶぶっー!っという、やり取りをしながら楽しんでいます。笑

③バスなのね/ふねなのね

これも2歳ごろはごっこあそびが楽しくなってくるのでおすすめ!

この本は保育士さんをしている友人にもらったのですが、どちらも身近にあるもので、主人公がその乗り物にのって進んでいくお話なのですが、息子もまねっこして遊んだりして大好きなシリーズです。

④ぜったいにおしちゃダメ?

この絵本は、イタズラ心が芽生えてくる2歳児の心を鷲掴み!という感じです。

読みながら一緒に体感していく絵本になっているので、こちらも読み始めるともう一回!もう一回!と、何度もリピートして読まされます…

それくらい楽しんで聞いてくれるので、読んでるわたしも嬉しくなる一冊です。

⑤もうぬげない

ヨシタケシンスケさんの絵本は、私が大好きなシリーズです。

どの絵本も男の子・女の子の特徴が可愛くて、読んでいて思わず、あは♪っと笑えてなんだか癒される絵本です。

子ども目線で描かれているので、そうなんだ〜、と納得してしまう。息子もまねっこして、これもお気に入りの一冊になったみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました